頬の毛穴【20代特有の原因と改善方法とは?】

LINEで送る

※今はじっくり見る時間がない方は、LINEにこの情報を送っておきましょう!
ボタンをタップするだけで、LINEにURLを送信できます♪

20代になると、今までとは違うお肌の悩みが表へでてくるのではないでしょうか。
毛穴のトラブル一つとっても、今までと同じケアでは、なかなか改善してくれない…、
むしろ肌の調子が悪くなっている?と感じることも。
それは、20代になると、毛穴のトラブルの原因が変化してくるからなんです。

 

10代の時は、肌がべたつき、皮脂が過剰に分泌されることで、
ニキビができたり、毛穴が詰まったりします。
そのため、洗顔をして、汚れを取り除くのが一番の解決方法でした。

 

20代でも、汚れを取り除くのは必要なことですが、
ただべたつくことが原因ではなくなってくるんです。
その原因が、肌の乾燥や、それによる弛み。

 

肌が乾燥することで、必要以上に皮脂を分泌しようとし、
それが原因で汚れが詰まります。
ですが、それを取り除こうと、必死で洗顔することで、また肌は乾燥が進みます。

 

保湿すればいいのですが、べたつくからと言って、
乳液などの油分のあるものを避けるのも乾燥を進めます。
すると、どんどん乾燥を毛穴つまりを起こす悪循環に。

 

乾燥が進めば、毛穴を支える肌もたるむので、
余計に毛穴が広がって見えてしまうということもあるんです。

 

そのために必要なスキンケア方法は、10代のころと比較した時に、
保湿に油分をプラスすることです。
水分と油分のバランスが整うと、皮脂の分泌は抑えられます。

 

また、適度な油分は、水分を抱え込んで、保湿力をアップさせてくれるんです。
すると、肌の弛みも改善されて、毛穴の広がりも目立たなくなってきます。

 

10代と共通して気を付けたいのは、洗顔やクレンジングの時に、
肌を強く擦らないことです。
擦らなくても、毛穴のつまりはよくなります。

 

逆に、擦りすぎると、毛穴の汚れを余計に毛穴の奥に押し込んでしまうので、
気を付けておきたいポイントです。

合計13種類以上の毛穴の開きを治す化粧品を体験レビューした結果はこちら